子育て ママの悩み

■サイトタイトル■

HOME > 子どもへの接し方

子育てに必要な3つのこと


「子育てで一番大切なことってなんですか?」



もし私がそう聞かれたら、次のように答えるでしょう。
子育てには、次の3つの力が必要です。


1)子どもを限りなく信頼する力

2)子どもの内面を理解する力

3)子どもと共に成長する力



これは“力”という言葉の所を
“姿勢”と言いかえてもいいでしょう。


子どもに接するときに常に求められるのは、
この3つの力、あるいは3つの姿勢を一貫して保つこと。
あるいは保とうと努めることだといえます。


1)子どもを限りなく信頼する力


子どもに限った話ではないんですが、
人間というのは相手から信頼されていると実感できればできるほど、
相手に応えよう、建設的に生きようと思えるものです。


子どもも例外ではなく、相手、つまり親から
自分が“限りなく信頼されている”と実感できれば、
それに応えようと持ち前の成長力を発揮するものです。


特に問題を起こしたり怒られるような状況で
逆に信頼されていると感じたとしたら、
それがどんなにかその子の力になることでしょう。


私がスクールカウンセラーをしていたときの話。


問題児のレッテルを貼られてひねくれた子たちが
私に心から信頼されたと感じることによって、
建設的な行動を示してくれたという場面に何度も遭遇しました。


では、子どものいったい何を信じればいいのでしょうか?
それは、子どものもつ潜在的な成長の力と能力です。


子どもは必ず成長し、良い方向に伸びていく。
それを私たちが確信することで、
彼らはその期待に応えてくれるんです。


彼らの成長力を信頼できていれば、
下手なお説教やお小言など必要ないはずです。


親として社会生活のルールやマナーは
折に触れて教えてあげることは必要です。
問題は、その教え方なんですね。


感情的になって、きつい口調で叱るのか。
落ち着いて、伝わるように教えるのか。


子どもへの入り方はまるで違ってくるはずです。


2)子どもの内面を理解する力


子どもへの接し方に悩むお母さんやお父さん。
そのほとんどが、その時のお子さんが
どんな気持ちでいるのかといった内面がわからないのです。


目の前のお子さんの内面が理解できないから、
親御さんは不安になり、将来が心配になり
その結果、必要以上にしつこく叱ってしまうんです。


ポイントはお子さんの内面の理解。


我々スクールカウンセラーが一番力を入れることは
この「子どもの内面の理解」なんですね。
これがわかれば、関わり方も見えてくる。


お子さんがどんな心境で、どうつまずいて、
どこで立ち往生してしまっているのか?
それがリアルにわかればわかるほど、救ってあげられます。


つまり、目の前のお子さんがどんな気持ちかがわかれば
どう接してあげればいいのかも自ずと見えてきます。


3)子どもと共に成長する力


子育てほど難しく、また大変な仕事ってありません。
子育てに自信のある親御さんというものに
私は今までお会いしたことがありません。


子育てに悩んだことがない親御さんなどいないはずです。


だからこそ、私たち親は
わが子を育てることによって
人間的な成長を求められるんです。


子育てを本気でやると、人間的に成長します。
子どもが私たちを一人前の大人に育ててくれるんです。
こんなありがたい話はないと私は思います。


スクールカウンセラーとして私を育ててくれたのは
その学校の子どもたちでした。


「先生、まだまだ甘いなあ」


そう笑いながら、彼らは私を育ててくれました。
私も彼らに一生懸命喰らいつくことが、
カウンセラーとしての力を養うことにつながりました。


反抗期と言うけど、それって本当?


日常の会話の中で反抗期という言葉が出てきます。
子どもが親の言う事にスンナリ従わなくなったとき、
よく使われる表現ですね。


学術的にも、心理学的にも
反抗期と呼ばれる時期はあるようですが、
私はあまりこういう表現を使いません。


なぜなら、反抗期だと大人が決めつけている現象も、
よくよく聞いてみると、大人の不用意な発言や
配慮に欠ける接し方に対する反発であることが多いからです。


こちらの心無い対応への不満や反発は
ある意味子どもの自己主張の一つ。
これだったら単純に“反抗”だとは断定できません(笑)


子どもの言い分にしっかりと耳を傾け、
言いたがっていることを了解する。
そのうえでこちらの伝えたいことを落ちついて伝える。


これだけで、反抗期だと思っていた多くの事態が
実はこちらの不適切な対応が引き起こしていたことだと気づきます。


こちらが聞く耳を十分に持てば、
子どもも聞く耳をもつだろうと思うからです。


つまり、反抗期と決めつけていたことの大半は
こちらに原因があったという話は珍しくないということです。


本当の「しつけ」とは?


怒るとか叱るという関わり方は、
時には必要な場合もあります。


しかし、一般にはそうした関わり方が
本当に必要な場面と言うのは
実は、極めて少ないものなんです。


「しつけ」というと、なぜか
厳しい接し方とイコールで扱われます。


厳しい口調や接し方をしないと
しつけはできないということでしょうか?


しかし、しつけで一番大切なことは
実は厳しさではなく「くり返し」と「忍耐」なんです。


子どもは社会のルールを自然と身につける部分と、
ある程度教えてあげる必要のある部分とがあります。


教え伝える必要のあることは、
一度でその場で出来るようにするのは難しいでしょう。


そんな時こそ、身につくまでくり返し伝える。
何度も何度も粘り強く教え、伝える。
これが「しつけをする」ということです。


身につかなければ、何度でも
身につくようになるまで伝える。


出来るようになるまで繰り返すとともに、
マスターできるような伝え方の工夫も必要ですよね。


厳しく伝える必要もなければ、
厳しい口調できつく叱る必要もありません。


ただ、何度でも繰り返し伝え続けようという
こちらの厳しいスタンスは土台として必要です。


ここまでお読み頂いて気づきましたか?
子育てって人間関係のヒントの宝庫。
コミュニケーションや自己成長の絶好の機会なんです。


子育て奮闘中のお母さん、お父さん。
子育てを通して子どもの成長と
自分自身の人間的な成長とを同時に手に入れましょう。


学校の子どもたちが私を
スクールカウンセラーとして鍛えてくれたように。


お子さんはあなたを人間的に
一段も二段もレベルアップさせてくれるはずです。


その道のりを、よろしければ鈴木と一緒に歩きませんか?



   




PageTop

■サイドバナー■

■メニュー■

会社概要

■ハッピーライフ実践会
 (H・L・P)

office@counselinglife.com

電話:080-6555-4735

代表 鈴木雅幸




HOME - 不登校について - 相談者の声 - 相談メニュー一覧 - プロフィール - 鈴木の無料相談

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ