カウンセリングの逐語分析の威力(一部無料公開)

(一部無料公開)

今ではすっかり廃れてしまった勉強法ですが、やはり逐語分析は最も確かな勉強の仕方であり、トレーニングです。

改めてこの逐語分析の威力についてお伝えします。

逐語記録は、カウンセリングの面接を録音して作ります。

カウンセリング面接の録音にあたっては、予めクライエントに録音の許可を取ります。

私の場合、初回の面接前に書面で録音の許可を取ります。

そこに、録音の目的はカウンセラーの振り返りや研修のためであり、それ以外の目的では使用せず、管理を厳重にする旨が記載されています。

私の所に来談されたクライエントのうち、実に95%の方が快く承諾くださいます。

そしてICレコーダー等で録音した音声をもとに、一言一句に至るまで正確に文字化します。

今だったらzoomやSkypeなど、録音機能がついていますね。

間や沈黙が30秒以上の場合、分数(ふんすう)及び秒数も記載します。

そうやって、面接のやり取りの音声記録と文字(逐語)記録の両方を突き合わせて、そのやり取りを徹底的に検討・分析していきます。

検討・分析対象は主にカウンセラーの応答になりますが、その他クライエントの言動やケース全体の見立てまで、可能な限り厳密に行います。

私の元では、こうした分析・検討を現在も数名の塾生が行なっています。

いずれも検討を数回実施しただけで、その後の応答演習の正答率の上昇や、ロールプレイや実際のセッションでの聞き方・応答の精度の向上が見られました。

これに準ずるものとして、養成塾にある応答演習用の「ケース演習」があります。

この「ケース演習」は、実際の逐語記録から抜粋されたやり取りを問題にしたものです。

このケース演習を、だいたい10〜20こなすと、多くの受講生に実力の向上が見られます。

本来、昭和25年から40年代頃までは、こうした学習が日本では盛んに行われていました。

しかしそれ以降、徐々にこうした学習の場が減り、現在ではほぼ、廃れてしまいました。

なぜ、これほど確かで威力のある学習方法であり、トレーニング法でもある逐語分析が廃れたのか?

それは、指導できる人間がいなくなってしまったからです。

教える人間がいなければ、そもそもやりたくても出来ません。

つまり、逐語を分析できる指導者がいなくなったというのが、この方法が廃れてしまった一番の原因です。

あとは、逐語を作成する学習者の数の著しい減少ということも原因です。

逐語記録の作成は、非常に面倒くさい作業です。

時間と手間がかかりますので、それを嫌う学習者が増えてしまったといえます。

そのような事から、逐語分析をしっかりと継続的に行っている場は、ほとんど見られなくなってしまいました。

そして、こうした必要なトレーニングの場が廃れたことで、カウンセラーの臨床の力は、近年、著しく落ちていきました。

今ではおうむ返しに毛の生えたような教えによって、迷路にはまる学習者が激増し、カウンセラーの社会的信用はガタガタになりました。

逐語分析が極めて有効な学習・トレーニング手段といえるのは、臨床の反射神経を磨くことと直結している唯一の方法だからです。

では、なぜ逐語分析が臨床には必須の反射神経を磨く唯一のトレーニング法といえるのでしょう。

・・・・・・・・・

※この記事の続き、その他の記事や動画の閲覧には「オンライン講座」へのご入会が必要です。

ご入会を希望される方は、下記の「入会お申込み」ボタンをクリックして、お申込みページよりお申込みください。

入会お申込み

関連記事

  1. 実力向上、スキル上達につながるカウンセリングの勉強法(一部無料公開)

  2. 【2020年10月動画セミナー】「なぜ逐語記録がそんなに重要なのか?」…

  3. 【動画セミナー】カウンセリング学習の本質~師匠 吉田哲のエピソード(非…

  4. 実力がつく人、つかない人の差は?(無料公開)

  5. カウンセラーの「資格」は実践で役に立つのか?(一部無料公開)

  6. 【2021年11月動画セミナーPART2】「傾聴スキルだけじゃない、全…

  7. 臨床現場に必要な「反射神経」とカウンセラー資格(一部無料公開)

  8. 【2020年11月動画セミナー】「傾聴スキルはどうすれば上達するのか?…

オンライン講座について

●オンライン講座の詳細はこちら

ご案内&料金


●ご入会を希望される方は、こちら

入会お申込み