イチローの引退会見から学ぶ自己実現(一部無料公開)

(一部無料公開)


2019年3月21日、偉大な野球選手イチローは引退を表明し、都内で記者会見を行いました。

その記者会見でのやり取りの中で出てきたイチローの言葉には、自己実現的な生き方のヒントが随所に散りばめられていました。

その中でも特に私が印象的だと思ったところについてふれていきます。

先ず、引退という決断について訊かれたときのイチローの発言の一部。

「人よりも頑張ったということはとても言えないですけど、そんなことは全くないですけど、自分なりに頑張ってきたということは、はっきり言えるので。

これを重ねてきて、重ねることでしか後悔を生まないということはできないのではないかなと思います」

人と比べても意味がない。

ある意味、そう言っているのだと思います。

人と比べたり、結果に一喜一憂するのではない。

今の自分の持てる力を出し切ること。

そのために自分に出来ることを一つ一つやっていくこと。

その積み重ねで得られるものは大きく、振り返ると自分はそうやってやり切ったといえる。

イチローはそういうことを言いたかったのではないでしょうか?

人と比べると、正直、ろくなことはありません。

自分を人と比べたくなる時というのは、大抵、調子が悪いときです。

調子が悪いときというのは、余計なことばかり考えて目の前のことに集中出来なくなっている時です。

そんな時ほど人と自分を比べてしまうし、そんな比較をすれば落ち込むか嫉妬するかのどちらかでしょう。

そうでなはく、目の前のことに集中する。

人間、集中している時こそ、調子が良かったり充実感を覚えるものです。

続いて記者から「子どもたちへメッセージを」と請われて、照れながらこんな風に回答しました。

※この続きの記事や動画の閲覧には「オンライン講座」へのご入会が必要です。

ご入会を希望される方は、下記の「入会お申込み」ボタンをクリックして、お申込みページよりお申込みください。

入会お申込み

関連記事

  1. 「フォーカス」集中力が様々な人生問題を解決する(一部無料公開)

  2. 夢や願望を実現するために必要な5つのカギ(一部無料公開)